総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県高砂市は、新型コロナウイルスの症状がある人や濃厚接触者らを除き、全額自己負担となっているPCR検査費用について半額を補助する方針を固め、14日開会の市議会定例会に関連議案を提出した。身近な人が感染し、陰性の証明が必要な場合などに受けるPCR検査で、市民の負担を減らすことが目的。

 市には「マスクをしていたため感染者の濃厚接触者に認定されず、公費でPCR検査を受けられない」などの相談が、これまでに約60件寄せられていた。

 市は、高砂市民病院に約440万円でPCR検査装置1台を導入し、検査費用3万2200円の半額を市民に補助。生活保護受給世帯は無料とする。補助は1人につき1回に限り、2021年度末までに約600人の利用を想定。約960万円の予算を見込む。(笠原次郎)

【兵庫のコロナ情報】←最新のコロナニュースはこちら

東播新型コロナ
総合の最新
もっと見る

天気(7月26日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ