総合 総合 sougou

  • 印刷
晴れ間が似合うソテツの園。日本庭園の一角に南国の風が吹くよう=神戸市中央区中山手通5
拡大
晴れ間が似合うソテツの園。日本庭園の一角に南国の風が吹くよう=神戸市中央区中山手通5

 初夏の日差しを受け、鋭くとがった葉陰が地面に落ちる。神戸市中央区にある市立相楽園には102株もの“ソテツの森”がある。暑さが本格化すると新芽が伸びて若葉が茂る。足を踏み入れると、都心にいながら南国気分が味わえる。(小林良多)

 明治期に造られた私邸跡で国登録の名勝地。現在はツツジが有名な一方、かつての別名「蘇鉄(そてつ)園」はあまり知られていない。

 ソテツは九州・沖縄などが原産の常緑低木。相楽園の株数は兵庫県内随一で、中には樹齢300年の株もある。

 6~8月、雄株と雌株の先に花が現れて交配する。乾高彰園長(68)は「硬くなる前の若葉や花の形など今の季節は観察すると面白い。100株の中を歩いて楽しんで」と目を細めた。同園TEL078・351・5155

神戸
総合の最新
もっと見る
 

天気(8月6日)

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

  • 37℃
  • 23℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 30%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ