総合 総合 sougou

  • 印刷
公明党・赤羽一嘉国土交通相
拡大
公明党・赤羽一嘉国土交通相

 障害の有無や特性にかかわらず、全ての人が便利で安心な公共交通機関を利用できることを目指し、公明党の赤羽一嘉国土交通相(兵庫2区)は、四つの新たな取り組みを進めるよう省内に指示した。バリアフリー化を議論する会合で「東京五輪・パラリンピックを契機にバリアフリー政策を加速させ、恒久的なものにしたい」と決意を述べた。

 内容は、障害者用ICカードの導入▽特急車両に車いす用フリースペースを導入▽インターネットによる障害者用乗車・乗船券の予約、決済▽精神障害者割引の導入促進-。現在、これらの対応は一部の事業者に限られており、行政の強いリーダーシップで全国への普及を目指す。

 新幹線の車いすスペース増設を後押しするなど就任以来、バリアフリー推進に力を入れる赤羽氏。「予算の制約を考えるのではなく、真の共生社会を実現するためにどうすればいいか、発想の転換を」と職員を激励した。(今福寛子)

総合の最新
もっと見る
 

天気(8月6日)

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

  • 37℃
  • 23℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 30%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ