総合 総合 sougou

  • 印刷
立会人の広瀬章人八段(右)に封じ手を渡す藤井聡太王位(左)。右から2人目は豊島将之竜王=13日午後、北海道旭川市、花月会館
拡大
立会人の広瀬章人八段(右)に封じ手を渡す藤井聡太王位(左)。右から2人目は豊島将之竜王=13日午後、北海道旭川市、花月会館

 将棋の藤井聡太王位(18)=棋聖=に豊島将之竜王(31)=叡王、兵庫県尼崎市=が挑戦する「お~いお茶杯第62期王位戦」(伊藤園特別協賛)7番勝負第2局が13日午前9時から、北海道旭川市の日本料理店「花月会館」で指され、午後6時、後手番の藤井が42手目を封じて初日を終えた。

 第2局の戦型は、両棋士による公式戦直接対決で初めて出現した「角換わり相早繰り銀」となり、研究途上の難解な局面に突入した。豊島が、昼食休憩を挟んで午前中から1時間48分長考し、6八玉(35手目)と守りの一手を指すと、藤井は1時間24分かけて7五歩(36手目)と仕掛けた。

 藤井が左右ににらみを利かせた5四角(40手目)を打つと、豊島は6五歩(41手目)と攻勢に出た。藤井は1時間13分考え、次の手を封じた。

 「初日昼から両者がこれだけ時間を使うのは比較的珍しい」と副立会人の高見泰地七段(28)。長考が繰り返されたことについて、立会人の広瀬章人八段(34)は「豊島竜王は(事前の)想定から展開が外れ、慎重に考えたのでは」と胸中を察し、高見七段は「最善の指し手を追究する藤井王位らしさが出ている」と話した。

 初日の進行について「互いに攻める手を繰り出しており、手数以上に展開は進んでいる」と高見七段。広瀬八段は「両者の持ち駒の角を先に手放した藤井王位の5四角は決断の一手。決戦が避けられない状態から2日目が始まる」と述べた。

 持ち時間各8時間のうち、1日目の消費時間は豊島が3時間19分、藤井が4時間16分。2日目の14日は午前9時に再開し、同日夜までに勝負が決まる見通し。

王位戦
総合の最新
もっと見る
 

天気(9月20日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ