総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
針金を使ったバルーンアートで鳥や花など多彩な作品を生み出す谷川雄馬さん=高砂市高砂町鍵町
拡大
針金を使ったバルーンアートで鳥や花など多彩な作品を生み出す谷川雄馬さん=高砂市高砂町鍵町
針金を使ったバルーンアートで鳥や花など多彩な作品を生み出す谷川雄馬さん=高砂市高砂町鍵町
拡大
針金を使ったバルーンアートで鳥や花など多彩な作品を生み出す谷川雄馬さん=高砂市高砂町鍵町

 兵庫県高砂市高砂町魚町のバルーンアーティスト谷川雄馬さん(30)が、膨らませる前の風船に針金を入れて動物や花の作品を作り、人気を集めている。中でも鳥や鹿などの動物は珍しいといい、会員制交流サイト(SNS)に掲載した写真が拡散している。

 オーボエ奏者の妻愛子さん(41)と付き合っていた7年前、愛子さんがけがで半年間、自宅療養。見舞いに訪れた共通の知人が、バルーンアートを作ってくれた。それを見た愛子さんが喜んでいたのが、作り始めるきっかけになった。

 3年前の挙式では「風船でブーケを」と花嫁に頼まれた。風船に針金を入れ、心を込めて純白の花びらを作った。その後、鳥や亀、鹿にも挑戦。ツイッターに写真を投稿したところ、完成度の高さから拡散し、テレビ局の取材を受けた。

 ブーケは花びらの形を均一にするのに時間がかかり、動物は体の構造とバランスを考えることに腐心するという。「コロナ禍だからこそ、花や動物の作品で見る人に安らぎをもたらしたい」。ツイッターのアカウントは@balloon_yuma

(笠原次郎)

総合の最新
もっと見る
 

天気(9月26日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 40%

  • 27℃
  • ---℃
  • 40%

  • 27℃
  • ---℃
  • 40%

  • 25℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ