総合 総合 sougou

  • 印刷
「うつぼ猿」の一場面(国立文楽劇場提供)
「うつぼ猿」の一場面(国立文楽劇場提供)

 恒例の「夏休み文楽特別公演」が8月3日まで、国立文楽劇場(大阪市中央区)で開かれている。解説付きの親子劇場をはじめ、名作劇場、サマーレイトショーの3部制。特に親子劇場は動物が登場する親しみやすい演目で、子どもの思い出づくりに役立ちそうだ。

 親子劇場(午前11時開演)の「うつぼ猿(ざる)」では、狩りに出掛けた大名が猿まわしに出会う。大名は毛並みのいい猿を見て、その皮で弓矢の入れ物「うつぼ」を作るため猿を渡すように命じ、猿まわしは苦悩する。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

総合の最新
もっと見る
 

天気(9月25日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ