総合 総合 sougou

  • 印刷
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)
拡大
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

 兵庫県は15日、加東健康福祉事務所管内(西脇市、三木市、小野市、加西市、加東市、多可町)在住の10人と県外から訪れた3人が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。13人中10人が既に感染が確認された人の濃厚接触者で、その割合は約77%を占めた。

 県によると、同事務所管内での感染判明者は、10歳未満1人▽10代3人▽30代5人▽40代1人▽50代2人▽80代1人-の男女。いずれも13、14日に検査で陽性が確認され、12人が軽症、1人が無症状だった。

 13人のうち、40代女性と10代男子学生、80代男性は居住地を小野市と公開し、10代男性は三木市と明かした。いずれもクラスター(感染者集団)の発生は確認されていない。

北播
総合の最新
もっと見る
 

天気(10月18日)

  • 21℃
  • 14℃
  • 10%

  • 18℃
  • 13℃
  • 30%

  • 21℃
  • 13℃
  • 10%

  • 21℃
  • 12℃
  • 30%

お知らせ