総合 総合 sougou

  • 印刷
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)
拡大
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

 兵庫県は24日、加古川健康福祉事務所管内(加古川、高砂市、稲美、播磨町)の障害者入所施設で、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が確認されたと発表した。19、22、23日発表分の新規感染者に、利用者ら35人と職員ら14人の計49人が含まれた。

 県が24日発表した同管内在住の新規感染者は、加古川市28人、高砂市14人、稲美町2人、居住市町非公表21人の計65人。年齢別では多い順に、20代20人▽10代14人▽40代8人▽10歳未満、30代、50代各6人▽70代3人▽60、80代各1人-だった。軽症が59人で、無症状は6人。24人の感染経路が調査中という。

 県発表による東播2市2町在住の感染者は、累計3269人となった。

 また高砂市は同日、子育て支援課の30代女性職員の感染を23日に確認したと発表。軽症という。職場に濃厚接触者はいないとみて、消毒の上、業務を通常通り続ける。(笠原次郎)

【兵庫のコロナ情報】←最新のコロナニュースはこちら

東播新型コロナ
総合の最新
もっと見る
 

天気(10月19日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 20%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 22℃
  • ---℃
  • 30%

  • 22℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ