総合 総合 sougou

  • 印刷
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)
拡大
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

 兵庫県は3日、加古川健康福祉事務所管内(加古川、高砂市、稲美、播磨町)の高校運動部で、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が新たに確認されたと発表した。県、姫路、明石市による8月24日以降の公表分に生徒13人、職員1人の計14人が含まれた。

 県が9月3日発表した同管内在住の新規感染者は、加古川市34人、高砂市16人、稲美、播磨町各1人、居住市町非公表18人の計70人。年代別では、多い順に10代17人▽20代16人▽40代15人▽30代10人▽10歳未満5人▽50代4人▽70代2人▽60代1人-だった。うち中等症4人、軽症64人、無症状2人で、28人の感染経路が分かっていない。

 県発表による東播2市2町在住の感染者は累計3923人となった。(若林幹夫)

【兵庫のコロナ情報】←最新のコロナニュースはこちら

東播新型コロナ
総合の最新
もっと見る
 

天気(10月19日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 20%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 22℃
  • ---℃
  • 30%

  • 22℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ