総合 総合 sougou

  • 印刷
防蛾灯が照らす夜のナシ園。枝先に初秋の味覚が鈴なりだ=神戸市西区押部谷町高和
拡大
防蛾灯が照らす夜のナシ園。枝先に初秋の味覚が鈴なりだ=神戸市西区押部谷町高和
防蛾灯が照らす夜のナシ園。枝先に初秋の味覚が鈴なりだ=神戸市西区押部谷町高和
拡大
防蛾灯が照らす夜のナシ園。枝先に初秋の味覚が鈴なりだ=神戸市西区押部谷町高和

 出荷の最盛期を迎えている神戸市西区押部谷町のナシ園「三水園」で夜間、農場全体が黄色い光に包まれている。害虫を遠ざける計800基の防蛾灯が、甘い完熟の実を守るバリアーの役目を果たしている。

 同園は兵庫県内最大の24ヘクタールでナシ3品種を栽培している。防蛾灯は特殊な波長の光を放ち、夜行性のガなどを撃退する。果汁が吸われるなど被害が抑えられ、殺虫剤の使用減にもつながるという。

 今年は天候不順の影響で平年の5割減の出荷を見込みつつ、「糖度や食味は例年になくいい」という。直売は今月下旬まで予定。同園周辺は夜間は立ち入りできない。同園TEL078・994・9449(小林良多)

神戸
総合の最新
もっと見る
 

天気(10月16日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

  • 28℃
  • ---℃
  • 80%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ