総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県は、大学や中小企業が実施する新型コロナウイルスワクチンの職場接種について、会場の使用料や備品代などにかかった経費を補助する。中小企業は複数社による合同実施が条件で、接種1回当たり千円を上限に支給する方針。

 職場接種を促進するため、国が7月に公表した支援事業の一環。県は2021年度補正予算案で4億9千万円を計上し、21日開会の県議会定例会に提案する。国の緊急包括支援交付金を財源に充てる。

 補助の対象は学校が大学や短大、高専、専門学校。大学の付属病院が実施する接種は対象外となる。中小企業の場合は、商工会議所や総合型健保組合、業界団体などが事務局となって合同実施する職場接種が対象となる。

 県によると、県内の職場接種の申請は6月8~25日の間に158件あったが、国からのワクチン供給が滞り、以降は申請の受け付けを停止している。再開は未定だが、県はすでに実施を終えた分を含め86件(約24万1千人分)程度の補助を見込んでいる。(金 旻革)

新型コロナ
総合の最新
もっと見る
 

天気(10月20日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 60%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ