総合 総合 sougou

  • 印刷
国会議事堂(資料写真)=東京都千代田区永田町1
拡大
国会議事堂(資料写真)=東京都千代田区永田町1

 兵庫県内の12選挙区には14日現在、39人(うち女性6人)が立候補を予定している。現行の小選挙区比例代表並立制が導入された1996年以降で最も少なく、野党共闘による候補者一本化の動きも影響したとみられる。自民党と立憲民主党の対決に、県内で勢力を伸ばす日本維新の会が割って入る構図が7選挙区で展開される見込み。

 党派別の内訳は、自民10人▽立民8人▽公明党2人▽共産党5人▽維新9人▽国民民主党1人▽れいわ新選組1人▽無所属3人。

 自民は前職10人が立候補し、公明は2、8区で前職が立つ。両区では、従来通りのすみ分けを維持し、政権与党で「完勝」を狙う。

 立民との候補者一本化などの影響で、共産は前回の10人から半減した。ただ、両党は2区で競合する見通し。立民とすみ分け、3区のみに擁立する国民は、共産と競合する見込み。

 維新は本拠地・大阪に近い神戸・阪神間だけでなく、県内全域に擁立する。候補者は前回選の4人から大幅に増やす方針。昨年11月の住民投票で再否決された「大阪都構想」に協力した公明に配慮し、2、8区は擁立を見送る公算が大きい。れいわは8区に擁立する予定で県内初参戦となる。

 過去の衆院選での立候補者数は2003、14、17年の40人が最少。現状の39人のうち、前職は13人、元職は5人、新人は21人となっている。(紺野大樹)

選挙衆院選兵庫ニュース
総合の最新
もっと見る
 

天気(10月20日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 60%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ