総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 衆議院が14日に解散し、19日公示、31日投開票の衆院選に向けた各党、各候補者の動きが本格化する。新型コロナウイルス禍の政権選択選挙で、経済対策や所得分配などを巡る論戦が予想される。兵庫県内の主な政党が重視する訴えなどをまとめた談話を発表した。

■国民の信を問う戦い/自民 藤田孝夫・県連幹事長

 わが党が政権を担うに足るか国民の信を問う重大な戦いになる。ポストコロナ社会を見据え、感染症予防の徹底と中小企業などの再生、子育て環境整備、外交防衛など、命と暮らしを守る政治の新たな展開へ全力を挙げて戦い抜く。

■戦う相手はコロナ禍/公明 吉田謙治・県本部幹事長

 戦う相手は世界が直面するコロナ禍であり、中間所得層の減退と貧困、そして社会の「分断」だ。小異を捨て、大同につく信頼と協力の政治が必要。対立をあおる政治やかりそめの協力で危機は回避できない。理解と支援を求め戦う。

■夢と希望が広がる社会を/立憲民主 桜井周・県連代表

 「国民の命と暮らしが最優先!」という当たり前ができていないのが今の政治だ。夢と希望が広がる社会を実現する。感染症を終息させ、暮らしを取り戻す。経済格差を是正し、支え合いで社会の活力を取り戻し、日本を立て直す。

■政権交代実現へ全力/共産 松田隆彦・県委員会委員長

 「アベノミクスの加速」「森カケ桜再調査せず」など、安倍・菅政権継承では政治は変わらない。わが党は国民の命、暮らしを守るため、4野党の政策合意、共産・立民での政権合意を力に、政権交代実現に全力を尽くす。

■真の改革政党を選んで/維新 住本一礼・県総支部幹事長

 いつ解散があってもいいよう準備していた。わが党以外では野合共闘、選挙互助会で戦うとのことだが、政策が違う政党同士が組んで大丈夫なのか。県内で維新は唯一、まっとうな野党と認識されている。真の改革政党を選んでほしい。

■自信を持って公約訴え/国民民主 向山好一・県連代表

 具体的な政策を提言し、政治課題を解決する政党の責務を貫き、コロナ対策でも成果を上げてきた。今回、国民の声を基に未来を見据えた具体的な公約を提示した。現実的な改革中道路線を堅持し、自信を持って公約を訴えていく。

■命と尊厳守られる社会に/社民 大津留求・県連幹事長

 コロナ禍は不安定雇用、格差と貧困、ぜい弱な社会保障などこの国の正体を「見える化」したのではないか。命と尊厳が守られ、自分らしく生活できる憲法理念を生かした社会を実現したい。「生存のための政権交代」を目指す決意だ。

選挙
総合の最新
もっと見る
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 15℃
  • 1℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

お知らせ