総合 総合 sougou

  • 印刷
兵庫医科大学=西宮市武庫川町
拡大
兵庫医科大学=西宮市武庫川町

 医学教育・研究のため提供された遺体(献体)の遺骨を6年半以上にわたって放置していた問題で、兵庫医科大学(兵庫県西宮市)は29日、神戸新聞社の取材に「甚大な不手際と認識し、遺族には引き続き真摯に対応する」と改めて謝罪した。献体した3人の遺族には今月上旬までに連絡、謝罪し、1人の遺族には既に遺骨を返したという。

 2014年2月に死亡し、献体した高橋純一さん=当時(82)=の遺族が今年10月、同大学に問い合わせて判明。15年1月に解剖実習で提供され、同年4月に火葬後、大学の遺骨安置室に保管されたままだった。

 同大学は遺族の連絡を受けて調査。高橋さんと同時期に死亡、献体した2人の遺骨も6年半以上学内に安置されたままで、遺族に連絡していなかったことが発覚した。

 その後、1人の遺族に遺骨を返還。もう1人は遺族が大学の慰霊碑への合葬を希望したため、手続きを進めているという。高橋さんの遺族は「大学はずさんな対応をしており、本当に本人の遺骨か分からない」と返還を拒んでいる。

 大学によると、ほかに対応の不備はなかったといい、「遺族にはおわびと経緯説明をしており、遺族の心情を鑑みて要望にそって対応する」としている。(井川朋宏)

阪神
総合の最新
もっと見る
 

天気(1月24日)

  • 9℃
  • 6℃
  • 20%

  • 7℃
  • 1℃
  • 50%

  • 10℃
  • 4℃
  • 40%

  • 8℃
  • 3℃
  • 30%

お知らせ