総合 総合 sougou

  • 印刷
女神像などを描いた自作を見つめる石井一男さん=ギャラリー島田
女神像などを描いた自作を見つめる石井一男さん=ギャラリー島田

 穏やかな女神像などを描く画家石井一男さん(78)=神戸市兵庫区=の個展が、同市中央区山本通2、ギャラリー島田で開かれている。謙虚で誠実な人柄で知られ、その内面から浮かび上がってきたような作品群は、苦境に立つ人々の心のよりどころにもなってきた。ここ1年で描いた約50点が並ぶ。

 かつて石井さんは、アルバイトをしながら独学で描いていた。1992年、ギャラリー島田の画廊主島田誠さん(79)に出会って才能を見いだされ、神戸・元町で初の個展が実現したときはすでに49歳。その歩みは作家の後藤正治さんがノンフィクション「奇蹟の画家」(講談社)に著した。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

総合の最新
もっと見る
 

天気(1月22日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

  • 7℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ