総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
オレンジ色に染まり始めた空。地上の夜景と競演した=3日午前6時1分、神戸市灘区の掬星台から撮影
拡大
オレンジ色に染まり始めた空。地上の夜景と競演した=3日午前6時1分、神戸市灘区の掬星台から撮影

 明け方、濃紺の東の空をオレンジ色がじわじわと染めていく。地上にはきらめく街明かり。日の出までのつかの間、夜と朝が溶け合う幻想的な世界が広がった。

 気象庁によると、神戸市内は3日朝、最低気温が12月中旬並みの5・9度を記録し、本格的な冬の寒さとなった。摩耶山上の掬星台(同市灘区)では、かぎろいとも呼ばれる、日の出前の空が光で差し染まった光景が見られた。真っ暗な空がオレンジから青、紺色へと段階的に変わり、日本三大夜景の一つでもある華やかな街並みと競演した。

 兵庫県内ではこの日、6地点で今季最低の気温を更新。洲本で2・5度、豊岡でマイナス0・2度など1月並みに冷え込んだ地点もあった。4日は冬型の気圧配置の影響でおおむね曇りとなり、北部では断続的に雨や雪が降る所があるという。(秋山亮太)

神戸
総合の最新
もっと見る
 

天気(1月18日)

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 3℃
  • ---℃
  • 80%

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 5℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ