総合 総合 sougou

  • 印刷
コロナ禍の影響で、アクリル板越しの大マグロを前に手を合わせる参拝者たち=8日午前、西宮市社家町、西宮神社(撮影・坂井萌香)
拡大
コロナ禍の影響で、アクリル板越しの大マグロを前に手を合わせる参拝者たち=8日午前、西宮市社家町、西宮神社(撮影・坂井萌香)

 商売繁盛を願う「十日えびす」(9~11日)を前に、えべっさんの総本社・西宮神社(兵庫県西宮市社家町)に8日、体長2・3メートル、重さ230キロのマグロが奉納された。新型コロナウイルスの感染対策で、一般の参拝者によるさい銭の張り付けは昨年に続いて禁止。訪れた人たちはアクリル板越しのマグロを前に、願いを込めて手を合わせた。

 神戸市東部水産物卸売協同組合(同市東灘区)などが1970年から毎年、大マグロ1匹と大タイ2匹を奉納している。今年のマグロは刺し身にすると1300人分になるという。

 午前9時半ごろ、組合員15人ほどが軽トラックから社殿前に運び込んだ。縁起物の「二股大根」やサツマイモも奉納され、周囲には大漁旗が飾られた。神事の後、参拝者らは大マグロの前で一礼したり、写真に収めたりしていた。

 毎年訪れるという西宮市の自営業男性(42)は「さい銭の張り付けができないのは残念だけど、縁起物を見ることができて満足。今年が明るい1年になりますように」と願った。(久保田麻依子)

阪神
総合の最新
もっと見る
 

天気(1月17日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 9℃
  • ---℃
  • 70%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ