総合 総合 sougou

  • 印刷
兵庫県が作製した「横断歩道 歩行者優先宣言」の宣言書(県提供)
拡大
兵庫県が作製した「横断歩道 歩行者優先宣言」の宣言書(県提供)

 自動車のドライバーに横断歩道上における歩行者優先意識の徹底を図るため、兵庫県は「横断歩道 歩行者優先宣言」制度を導入した。賛同する事業所には、県が作製した宣言書を発行。事業者名は県と県警のホームページに掲載する。(金 旻革)

 県によると、県内で発生した交通事故の昨年1年間の死亡者は114人。前年比で4人増加している。このうち、横断歩道上における死亡者は13人で、前年比4人増えているという。

 宣言書には、順守事項として「信号機のない横断歩道の手前では歩行者の確認と減速を行う」「歩行者が横断歩道を渡ろうとしているときは横断歩道の手前で必ず止まる」「横断歩道を渡ろうとする歩行者には手や目で合図して安全な道路横断を促す」-といった3カ条を記載。交通事故ゼロへの意識付けを図りたい考えだ。

 対象となる事業所は、運輸・運送事業者をはじめ、業務車両を保有する県内の全事業所。昨年12月の導入後、616事業所が賛同している(1月24日時点)。問い合わせは県交通安全室TEL078・362・3879

総合の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ