総合 総合 sougou

  • 印刷
終局後、感想戦に臨む藤井聡太叡王(左)と出口若武六段=24日夜、千葉県柏市(日本将棋連盟提供)
拡大
終局後、感想戦に臨む藤井聡太叡王(左)と出口若武六段=24日夜、千葉県柏市(日本将棋連盟提供)

 将棋の藤井聡太叡王(19)=竜王・王位・王将・棋聖=に出口若武六段(27)=兵庫県明石市出身=が挑戦した第7期叡王戦5番勝負第3局は24日、千葉県柏市で指され、109手で先手の藤井叡王が勝ち、3勝0敗で叡王初防衛を果たした。藤井叡王は五冠を堅持し、タイトル初挑戦だった出口六段の奪取はならなかった。

 藤井叡王は昨年8月の王位戦7番勝負第5局から続くタイトル戦での連勝を「13」に伸ばした。日本将棋連盟によると、この記録は羽生善治九段(51)と並ぶ歴代2位で、1位は故大山康晴15世名人の「17」。藤井叡王のタイトル戦出場は8度目で、これまでいずれのシリーズも制している。

 終局後、藤井叡王は「一つの結果を出すことができたのはうれしく思う」と喜び、出口六段は「勝てそうな場面があっただけに3局で終わってしまったのはとても悔しい。鍛え直して再び頑張りたい」とうなだれた。

囲碁将棋
総合の最新
もっと見る
 

天気(7月5日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ