総合 総合 sougou

  • 印刷
熱演する桜木みなと(白いスーツ)=梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
拡大
熱演する桜木みなと(白いスーツ)=梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
ワインのオークションに自ら参加したカミロことシエロ(桜木みなと)=シアター・ドラマシティ
拡大
ワインのオークションに自ら参加したカミロことシエロ(桜木みなと)=シアター・ドラマシティ
ギャングに友人フリオの父を殺せと命令され、苦悩するシエロ(右)=シアター・ドラマシティ
拡大
ギャングに友人フリオの父を殺せと命令され、苦悩するシエロ(右)=シアター・ドラマシティ
仲間たちとアメリカに向かう決意を固めるシエロ(中央)=シアター・ドラマシティ
拡大
仲間たちとアメリカに向かう決意を固めるシエロ(中央)=シアター・ドラマシティ
シエロ(右)はフリオの妹の手術費用を工面しようとする=シアター・ドラマシティ
拡大
シエロ(右)はフリオの妹の手術費用を工面しようとする=シアター・ドラマシティ

 宝塚歌劇宙(そら)組のミュージカル「カルト・ワイン」が大阪市北区の梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演中だ。アメリカでビンテージワインを偽造し、大もうけした詐欺師を入団14年目の桜木みなとが熱演。はつらつとした演技に「渋み」も加わり、男役としての熟成ぶりを見せている。

 21世紀初頭のニューヨーク。高級ワインのオークション会場で若きコレクターのカミロ(桜木)が逮捕される。彼が売った高級ワインが実は、風味の似た安ワインにスパイスを調合したまがい物だったのだ。

 カミロは中米・ホンジュラスからの不法移民で本名シエロ。ギャングの仲間から抜けるため出国して10年、天性の味覚でワインを偽造し、のし上がったのだ。

 世界でも最も貧しく、治安の悪い国の一つ、ホンジュラスの現実、命がけの逃避行、アメリカン・ドリームに向けて突き進む姿をテンポよく描いていく。実在の人物をモデルにしたといい、貧困や差別の問題も盛り込まれる。

 自身が無価値と思い込んでギャングの世界に入ってしまう破滅型のシエロと、それが犯罪でも自力で未来を切り開くカミロを、桜木は丁寧に演じ分ける。はじけんばかりの笑顔がトレードマークの桜木が、苦悩とあきらめ、悲嘆の表情も見せ、演技の幅の広げた。

 一緒に不法入国した友人のフリオ(瑠風輝=るかぜひかる)は、悪の道に進むことをかたくなに拒む実直さで、シエロとは対照的。シエロが一時身を寄せたレストランオーナーの娘で、ワインにかけては天才的な彼の才能を見抜いたアマンダ役の春乃さくら、ワイン偽造の元締的存在の元ギャング、チャポ(留依蒔世=るいまきせ)ら、シエロを取り巻く人物も丁寧に描かれ、物語に厚みを出していた。

 偽造ワインという「フェイク」に熱狂するのは金持ちで、貧困層出身のシエロがそれを手玉に取る。逆転の構造が小気味いい。

 7日まで。午後3時半からの千秋楽公演はライブ配信がある。(片岡達美)

     ◇

 宝塚歌劇団は、公演関係者に新型コロナウイルスの陽性が確認されたため、5~7日の公演を中止すると発表した。

文化タカラヅカ
総合の最新
もっと見る
 

天気(8月14日)

  • 32℃
  • 28℃
  • 40%

  • 33℃
  • 25℃
  • 50%

  • 33℃
  • 27℃
  • 40%

  • 33℃
  • 26℃
  • 40%

お知らせ