スポーツ

  • 印刷
兵庫のアンカー・竹地志帆(右)と愛知の鈴木亜由子が競り合う
兵庫のアンカー・竹地志帆(右)と愛知の鈴木亜由子が競り合う

 第34回全国都道府県対抗女子駅伝は17日、京都市の西京極陸上競技場を発着する9区間42・195キロで47チームが出場して行われ、愛知が2時間16分2秒で初優勝した。兵庫は20秒差の2位で、12年ぶり4度目の優勝はならなかった。

 前を走る先頭京都とは1分13秒差。さらに後続には群馬・西原、愛知・鈴木亜という昨年の世界選手権代表が迫っていた。追い込まれた状況で、兵庫のアンカー竹地主将は気持ちを奮い立たせた。

スポーツの最新

天気(1月19日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ