スポーツ

  • 印刷
甲子園ボウルに向け、調整する早大のQB笹木。後ろは浜部監督=甲子園球場
拡大
甲子園ボウルに向け、調整する早大のQB笹木。後ろは浜部監督=甲子園球場

 18日に行われるアメリカンフットボールの全日本大学選手権決勝「甲子園ボウル」に出場する早大(関東)が17日、関学大(関西)との決戦に向けて甲子園球場で最終調整した。悲願の初優勝へ、攻撃の要であるQB笹木は「自分のパスで勝利に導きたい」と士気を高めた。

 昨年は立命大に1点差で屈した。笹木自身も思うようなプレーができず「その屈辱を晴らすためにやってきた」と鼻息は荒い。エースRBの須貝は「去年の借りを返すという強い気持ちを持って臨む」と意気込んだ。

 2年連続の出場とあり、選手に緊張した様子はない。主将のOL松原は「去年と違って、臆することなくいつも通りのメンタルで臨める」とチーム状態の良さを強調した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(9月26日)

  • 28℃
  • 20℃
  • 0%

  • 29℃
  • 15℃
  • 0%

  • 29℃
  • 19℃
  • 0%

  • 31℃
  • 18℃
  • 0%

お知らせ