スポーツ

  • 印刷
新入幕が決まり、番付表を指さす宇良=27日午後、大阪府吹田市の木瀬部屋宿舎(撮影・持木克友)
拡大
新入幕が決まり、番付表を指さす宇良=27日午後、大阪府吹田市の木瀬部屋宿舎(撮影・持木克友)

 初土俵からわずか2年。関西学院大出身の業師が、早くも活躍の舞台を幕内に移した。27日に発表された大相撲春場所(12日初日・エディオンアリーナ大阪)の番付で、新入幕が決まった宇良(うら)関(24)=本名宇良和輝、木瀬部屋。多彩な技を誇る屈指の人気力士は「期待に応えたい思いで、ここまで来られた」と喜びをかみ締めた。

 初土俵から所要12場所での新入幕。史上7位タイのスピード出世は、努力のたまものだ。木瀬親方(元幕内肥後ノ海)は「『これ以上するな』というぐらい稽古をする」と目を見張る。体重は130キロ前後まで増え、貫禄も漂ってきた。

 1月の初場所では珍手「たすき反り」で巨漢を下すなど、関学大時代のレスリング経験を生かした技で注目を集める。宇良関は「入院中に相撲を見て元気が出た、という声をいただいた。人の気持ちを動かすことができるとは」と笑みを浮かべる。

 「強い相手の方が思い切った相撲を取れる」と本領発揮へ意欲十分。ご当地で迎える新たな挑戦を、自身も楽しみにしている。(永見将人)

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月26日)

  • 16℃
  • 8℃
  • 10%

  • 17℃
  • 3℃
  • 50%

  • 16℃
  • 6℃
  • 20%

  • 16℃
  • 4℃
  • 20%

お知らせ