スポーツ

  • 印刷
B1昇格を決め、観客と喜び合う西宮ストークスの選手ら=12日夜、西宮市立中央体育館(撮影・中西大二)
拡大
B1昇格を決め、観客と喜び合う西宮ストークスの選手ら=12日夜、西宮市立中央体育館(撮影・中西大二)

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)のプレーオフ準決勝第2戦は12日、西宮市立中央体育館であり、中地区1位の西宮ストークスは東地区1位の群馬クレインサンダーズを70-60で破って2戦2勝とし、決勝進出と来季の1部(B1)昇格を決めた。

 11日の第1戦で先勝した西宮は、この日も梁川禎浩らの活躍でリードを広げ、群馬を退けた。決勝は20日、東京・代々木第二体育館である。

 Bリーグは、ナショナル・リーグとbjリーグを統合して発足し、2016年9月に開幕した。一方、11年に兵庫県内初のプロバスケットボールチーム「兵庫ストークス」として発足した西宮は15年に現名称に変更し、Bリーグ1季目はB2に所属していた。(藤村有希子)

スポーツの最新
もっと見る

天気(9月21日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ