スポーツ

  • 印刷
ネスレ・オザスコ-久光製薬 第1セット、スパイクを放つ久光製薬の石井
拡大
ネスレ・オザスコ-久光製薬 第1セット、スパイクを放つ久光製薬の石井

 バレーボールの世界クラブ女子選手権(神戸新聞社など後援)第4日は13日、神戸市須磨区のグリーンアリーナ神戸で準決勝が行われ、レクソナ(ブラジル)とワクフバンク・イスタンブール(トルコ)が決勝に進んだ。

 レクソナは3-1でボレロ・チューリヒ(スイス)を下した。ワクフバンク・イスタンブールは3連覇を狙ったエジザジュバシュ・イスタンブール(トルコ)に3-1で勝った。

 5~8位決定予備戦に回ったNECはディナモ・モスクワ(ロシア)に1-3、久光製薬(練習拠点・神戸市)はネスレ・オザスコ(ブラジル)にストレート負けした。14日はNECと久光製薬が7、8位決定戦で戦う。

スポーツの最新
もっと見る

天気(7月29日)

  • 32℃
  • 28℃
  • 40%

  • 32℃
  • 26℃
  • 40%

  • 33℃
  • 27℃
  • 30%

  • 33℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ