スポーツ

  • 印刷
啓明-関学 第3クオーター、追加点となるタッチダウンを決める啓明のQB穴田(中央)
拡大
啓明-関学 第3クオーター、追加点となるタッチダウンを決める啓明のQB穴田(中央)

 アメリカンフットボールの兵庫県高校春季大会最終日は14日、兵庫県西宮市の関西学院第3フィールドで決勝があり、啓明が14-0で関学を破り、初優勝した。1998年から続いていた関学の連覇は「19」で止まった。

 啓明は第2クオーター(Q)にRB浜野のタッチダウン(TD)で先制。第3Qには、QB穴田のTDランでリードを広げた。関学は啓明の守備ラインを崩せず、完封負けを喫した。

 両校は関西高校選手権(27日開幕・王子スタジアムほか)に兵庫代表として出場する。

スポーツの最新
もっと見る

天気(7月27日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 30%

  • 33℃
  • 23℃
  • 30%

  • 33℃
  • 26℃
  • 40%

  • 32℃
  • 25℃
  • 30%

お知らせ