スポーツ

  • 印刷
本大会での躍進を期して決意表明する三菱重工神戸・高砂の富光男監督と選手=シーサイドホテル舞子ビラ神戸
拡大
本大会での躍進を期して決意表明する三菱重工神戸・高砂の富光男監督と選手=シーサイドホテル舞子ビラ神戸

 社会人野球の都市対抗大会(14日から12日間・東京ドーム)に神戸市・高砂市代表として出場する三菱重工神戸・高砂の壮行会が6日、神戸市垂水区のシーサイドホテル舞子ビラ神戸であった。選手や関係者ら約200人が出席し、本大会に向けて士気を高めた。

 4年連続34度目の出場で、17日の1回戦で東京都第1代表のNTT東日本と対戦する。壮行会では応援団演技や補強選手の紹介などがあり、高砂市内で交流のある少年野球チームから寄せ書きの旗が贈られた。

 最後は選手たちが壇上にそろい、富光男監督が「最初の一球、一振りから集中して皆さんの期待に応えたい」と決意表明。昨年は初戦で敗れており、那賀裕司主将は「最高の状態で大会を迎え、最低でも2勝を」と創部100年目の躍進を誓っていた。(山本哲志)

スポーツの最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ