スポーツ

  • 印刷
2回、岩佐亮佑のパンチを顔面に受けてダウンする小国以載(左)=エディオンアリーナ大阪(撮影・斎藤雅志)
拡大
2回、岩佐亮佑のパンチを顔面に受けてダウンする小国以載(左)=エディオンアリーナ大阪(撮影・斎藤雅志)
6回、大量に出血しながらも岩佐亮佑をコーナーに追い詰める小国以載(右)=エディオンアリーナ大阪
拡大
6回、大量に出血しながらも岩佐亮佑をコーナーに追い詰める小国以載(右)=エディオンアリーナ大阪

 プロボクシングのダブル世界戦各12回戦は13日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で行われ、国際ボクシング連盟(IBF)スーパーバンタム級タイトルマッチでは、王者の小国以載(ゆきのり)=角海老宝石、赤穂市出身=が同級3位の岩佐亮佑(セレス)に6回2分16秒TKO負けした。小国の出血が激しくなり、レフェリーが試合を止めた。小国は初防衛に失敗、引退を表明した。

 27歳の岩佐は26戦24勝(16KO)2敗、29歳の小国は22戦19勝(7KO)2敗1分け。

 世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級王者の田中恒成(畑中)は、同級13位のパランポン・CPフレッシュマート(タイ)に9回1分27秒でTKO勝ちし、2度目の防衛を果たした。22歳の田中は10戦全勝(6KO)、32歳のパランポンは32戦24勝(10KO)8敗。

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月24日)

  • 12℃
  • 6℃
  • 20%

  • 11℃
  • 4℃
  • 60%

  • 12℃
  • 7℃
  • 40%

  • 12℃
  • 4℃
  • 20%

お知らせ