スポーツ

  • 印刷
高円宮妃殿下(中央)も臨席し、兵庫県内の旧五国を代表する地酒で乾杯した開会式=15日午後、神戸市中央区港島中町6、神戸ポートピアホテル(撮影・後藤亮平)
拡大
高円宮妃殿下(中央)も臨席し、兵庫県内の旧五国を代表する地酒で乾杯した開会式=15日午後、神戸市中央区港島中町6、神戸ポートピアホテル(撮影・後藤亮平)

 中高年のスポーツの祭典「日本スポーツマスターズ2017兵庫大会」の開会式が15日、神戸市中央区の神戸ポートピアホテルであり、招待された韓国の選手団約200人を含む選手や監督、関係者ら約720人が出席。高円宮妃久子さまも出席された。

 大会は2001年から全国持ち回りで開かれ、日本体育協会と開催地の都道府県などが主催。17回目の今年は、原則35歳以上を対象に、19日までの期間中、県内10市27会場でサッカーやバスケットボール、テニス、水泳など13競技を開催。大会史上最多となる約9千人が参加する。

 開会式には、サッカー元日本代表の北澤豪さんや女子マラソンの谷川真理さんらシンボルメンバーも姿を見せ、会場は大きな拍手に包まれた。

 久子さまは「選手の方々には練習の成果を存分に発揮されることを祈っています」とあいさつした。

 久子さまは16日、三木市のブルボンビーンズドームなどであるテニスやサッカーの試合を観戦する。(赤松沙和)

スポーツの最新
もっと見る

天気(7月24日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ