スポーツ

  • 印刷
パナソニック戦に向けてトレーニングに励む神戸製鋼の選手たち=神鋼灘浜グラウンド
拡大
パナソニック戦に向けてトレーニングに励む神戸製鋼の選手たち=神鋼灘浜グラウンド

 ラグビー・トップリーグ(TL)第8節第1日の14日、神戸製鋼は午後2時から大阪府吹田市の万博記念競技場でパナソニックと対戦する。会社の製品性能データ改ざんが明るみに出る中、フランカー前川主将は「僕らは目の前の相手と戦うことしかない。結果を出すことで力になれれば」とプレーに集中する。

 選手やスタッフには10日の練習前に事態の報告があった。福本チームディレクターは「会社からは変わらずラグビー部を支援すると言われた。今後の出場辞退なども全くない」と説明。今年入社し、主力として活躍するCTB重は「(不正は)やってはいけないこと。社員の一人として何ができるかを考えたい」と厳しい表情で話した。

 神鋼はかつて業績悪化の影響などで陸上部や硬式野球部が休部したが、日本選手権7連覇など輝かしい伝統を誇るラグビー部は存続させてきた。

 14季ぶりの王座奪回を目指す今季は開幕から6連勝と好調だったが、前節はキヤノンに敗戦。7戦全勝のパナソニックに対し、日本代表フッカーの木津は「いい防御からのいいアタックをして勝ちにいく」と力を込めた。(山本哲志)

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 80%

  • 20℃
  • ---℃
  • 90%

  • 18℃
  • ---℃
  • 90%

  • 19℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ