スポーツ

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 4年に1度のラグビーの世界一決定戦、2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の全48試合の対戦カードと開催会場が、決勝の2年前となる2日、発表された。9月20日に味の素スタジアム(東京都調布市)で行われる開幕戦では、1次リーグA組の日本が欧州予選勝者と対戦する。日本のその他3会場は静岡スタジアム(静岡県袋井市)、豊田スタジアム(愛知県豊田市)、日産スタジアム(横浜市)となった。

 世界ランキング11位の日本は初の8強入りを目指す。9月28日の第2戦は世界4位のアイルランドと袋井市で、10月5日の第3戦は欧州・オセアニア・プレーオフ勝者と豊田市で、13日の最終戦は世界6位のスコットランドと横浜市で戦う。日本戦は開催12会場のうち、収容人数の上位4会場が選ばれた。

 ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)では、9月26日に1次リーグC組のイングランド-米国、同30日にスコットランド-欧州・オセアニア・プレーオフ勝者、10月3日にアイルランド-欧州予選勝者(ともにA組)、同8日、B組の南アフリカ-敗者復活予選優勝者の4試合が組まれた。

 アジアで初めて開催される大会は9月20日に開幕し、11月2日に決勝を迎える。

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 70%

  • 11℃
  • ---℃
  • 30%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ