スポーツ

  • 印刷
ジュニア女子SP 演技する紀平梨花
拡大
ジュニア女子SP 演技する紀平梨花

 フィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)ファイナル第1日は7日、名古屋市ガイシプラザで行われ、女子ショートプログラム(SP)で紀平梨花(関大KFSC、西宮市立上ケ原中)はほぼミスのない演技を見せ、自己ベストの66・82点で4位発進。アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が73・25点で首位。

 男子SPで須本光希(大阪・浪速高)は三つのジャンプを全て成功させ、自己ベストの77・10点で3位につけた。アレクセイ・クラスノジョン(米国)が81・33点でトップに立った。

スポーツの最新
もっと見る

天気(12月19日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 60%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ