スポーツ

  • 印刷
世界選手権男子66キロ級を制し、祝勝会であいさつする阿部一二三(左)と妹の詩
拡大
世界選手権男子66キロ級を制し、祝勝会であいさつする阿部一二三(左)と妹の詩

 8月の柔道世界選手権を制した男子66キロ級の阿部一二三(日体大、神港学園高出)の祝勝会が17日、神戸市中央区の神戸ポートピアホテルで行われた。妹詩(夙川高)も登壇し、東京五輪でのメダル獲得を誓った。

 一二三の母校、神港学園高柔道部OB・OG会が主催。柔道関係者ら約210人が参加した。

 一二三は世界選手権を豪快な担ぎ技で勝ち上がり、12月には詩とともにグランドスラム東京大会を制した。一二三は「世界選手権に勝ってすごくうれしかったけど、目指しているのは五輪で優勝すること」と語り、「自国開催は死ぬまでに二度とない。絶対に勝ちたいと思っている」と誓った。(伊藤大介)

スポーツの最新
もっと見る

天気(8月16日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 70%

  • 33℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 60%

  • 32℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ