スポーツ

  • 印刷
女子1回戦・増穂商-氷上 第2セット、得点を決めて喜ぶ氷上の選手たち=東京都渋谷区千駄ヶ谷1、東京体育館
拡大
女子1回戦・増穂商-氷上 第2セット、得点を決めて喜ぶ氷上の選手たち=東京都渋谷区千駄ヶ谷1、東京体育館
女子1回戦・増穂商-氷上 第1セット、懸命にブロックに跳ぶ氷上の村西佐織(1)と中西杏実(2)=東京都渋谷区千駄ヶ谷1、東京体育館
拡大
女子1回戦・増穂商-氷上 第1セット、懸命にブロックに跳ぶ氷上の村西佐織(1)と中西杏実(2)=東京都渋谷区千駄ヶ谷1、東京体育館

 バレーボールの全日本高校選手権は4日、東京体育館で開幕して1回戦が行われ、女子の兵庫代表、氷上は2-0で増穂商(山梨)にストレート勝ちし、6大会ぶりの初戦突破を果たした。

 氷上は安定したレシーブから確実に得点して25-11で第1セットを先取。第2セットも攻め手を緩めず、25-20で押し切った。5日の2回戦で全国総体覇者の東九州龍谷(大分)と対戦する。

 国体を制した大阪の主力を占めた金蘭会は2-0で文京学院大女(東京)を下して2回戦に進み、全国総体4強の福井工大福井は2-0で米沢中央(山形)を退けた。

 男子は初出場の水戸啓明(茨城)が2015、16年大会を2連覇した東福岡をストレートで破った。国体準優勝メンバーが多い大村工(長崎)は弘前工(青森)に2-0で快勝した。

 大会は男女各52校が参加。準々決勝まで3セット制、準決勝と決勝は5セット制で争われる。

スポーツの最新
もっと見る

天気(8月20日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ