スポーツ

  • 印刷

 ラグビー・トップリーグ神戸製鋼の福本正幸チームディレクター(TD)が12日、最終戦を前に取材に応じ「連勝が止まった(昨年10月の)キヤノン戦以降、歯車がかみ合わない部分があった」と14季連続の無冠に終わった今季を振り返った。

 昨年10月には会社の検査不正が発覚し、「選手たちは結果を出そうとしてくれたが、力みにつながったかも」と福本TD。「会社には引き続き支援をしてもらう。より地域貢献に力を入れていきたい」と話した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(12月10日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 8℃
  • ---℃
  • 40%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ