スポーツ

  • 印刷
新シーズンに向けて意気込む鈴木俊新監督(中央)と羽座妃粋(左)、李玟雅=神戸レディースフットボールセンター
拡大
新シーズンに向けて意気込む鈴木俊新監督(中央)と羽座妃粋(左)、李玟雅=神戸レディースフットボールセンター

 サッカー女子プレナスなでしこリーグのINAC神戸は22日、神戸市東灘区の神戸レディースフットボールセンターで新体制発表会見を開き、ヘッドコーチから昇格した鈴木俊新監督と新加入選手が今シーズンの抱負を述べた。

 INAC神戸は昨季、リーグ戦2位で3連覇を目指した皇后杯も3回戦で敗れた。鈴木監督は「ボールをしっかりつなぐスタイルを継続する」としつつも「スピードとパワーを前面に、より攻撃的なサッカーでタイトルを目指す」と話した。退団した大野忍、田中明日菜のポジションを巡る争いも激化すると予想されており、「年齢に関係なく、普段の練習から積極的にトライする選手を使う」と説明した。

 この日の会見には新加入選手のうち、牛島理子(兵庫・日ノ本高)を除く2人が出席し、韓国代表MF李玟雅(イ・ミナ、李珉娥から漢字表記を変更)は「自信のあるパスやドリブル突破を披露したい」。西宮市出身で、日体大フィールズ横浜から加わったDF羽座妃粋(はざ・ひすい)は「持ち味のボール奪取、後方からのロングフィードで好守に貢献する」と力を込めた。

 また今季からMF中島依美が主将を務め、昨季途中に加入したFW岩渕真奈の背番号が「10」に変更されることも発表された。(宮崎真彦)

スポーツの最新
もっと見る

天気(4月23日)

  • 24℃
  • 14℃
  • 20%

  • 29℃
  • 8℃
  • 10%

  • 27℃
  • 13℃
  • 30%

  • 27℃
  • 11℃
  • 30%

お知らせ