スポーツ

  • 印刷
荒木一聡副知事を表敬訪問した笹裏健士朗君(中央)と葉山光男さん(左)=兵庫県庁
拡大
荒木一聡副知事を表敬訪問した笹裏健士朗君(中央)と葉山光男さん(左)=兵庫県庁

 昨年4~11月にかけ、直接打撃を与える「フルコンタクト空手」の四つの全国大会を制覇した関西大学中等部3年の笹裏健士朗さん(15)=兵庫県尼崎市=が、荒木一聡副知事を表敬訪問した。笹裏さんは「高校からは一般の選手とも戦うことになる。練習に打ち込み、もっと強くなりたい」と意気込みを語った。

 笹裏さんは、「POINT&KO 全日本少年少女空手道選手権大会」の中学生軽量級▽「オープントーナメントグランドチャンピオン決定戦」の中学3年男子軽量級▽「カラテドリームフェスティバル2017」の中学男子55キロ未満▽「JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会」の中学男子65キロ未満-を制覇した。

 4歳から空手を始め、尼崎市にある「国際空手拳法連盟聖武会館」に所属。上段の前蹴りが得意技で、指導する同会館の葉山光男館長は「文武両道でクレバーな選手」と評する。JKJO全日本-の決勝では、巧みな試合展開で相手の反則を誘って勝利した。

 3月に国際大会への出場権が懸かる試合を控えているといい、笹裏さんは「世界でも活躍できる選手になりたい」と抱負を語った。荒木副知事は「『強くなりたい』という気持ちを大事に、成長してほしい」と激励した。(井上 駿)

スポーツの最新
もっと見る

天気(6月22日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 0%

  • 31℃
  • 15℃
  • 0%

  • 31℃
  • 21℃
  • 0%

  • 32℃
  • 19℃
  • 0%

お知らせ