スポーツ

  • 印刷
笠本明里
拡大
笠本明里
北浦春香
拡大
北浦春香

 兵庫県障害者スポーツ協会は8日、同協会表彰を発表し、2017年度の優秀選手賞に2団体と個人96人を選出した。

 個人では、日本身体障がい者水泳選手権で50メートル背泳ぎなど3冠に輝いた笠本明里、陸上の日本パラ選手権400メートル、800メートルで頂点に立った北浦春香ら、16年のリオ・パラリンピックに出場した選手が名を連ねた。

 海外で活躍した選手も多く、知的障害者の「スペシャルオリンピックス冬季世界大会」では木村真耶加がスノーシューイング200メートルを制覇。卓球の別所キミヱはアジア大会で2位に入った。

 功労賞も発表され、陸上審判員を長年務めてきた岡田和隆さんら2人が受賞。表彰式は15日、県スポーツ優秀選手賞とともに開かれる。(有島弘記)

スポーツの最新
もっと見る

天気(8月16日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

  • 32℃
  • ---℃
  • 60%

  • 32℃
  • ---℃
  • 60%

  • 31℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ