スポーツ

  • 印刷
世界文化遺産・国宝姫路城を背に大手前通りを走るランナー=11日午前、姫路市内
拡大
世界文化遺産・国宝姫路城を背に大手前通りを走るランナー=11日午前、姫路市内

 姫路城を発着点に播磨路を駆ける「世界遺産姫路城マラソン2018」が11日午前、兵庫県姫路市内でスタートした。フルマラソン(42・195キロ)には国内外から約7千人が出場し、沿道の声援を力にゴールを目指した。

 姫路市などでつくる実行委員会が主催(神戸新聞社など共催)し、4回目。今回はフルで「初出場枠」を新設し、「海外枠」を拡大したほか、ファミリーや小学生に人気のファンラン(1~5キロ)の定員を増やし、より幅広く参加者を募った。フル、ファンラン合わせて約1万3千人がエントリーした。

 フルのランナーは、姫路城を背に大手前通りをスタートし、市街地を抜けて夢前川沿いを北上。塩田温泉郷で折り返して再び川沿いを南下し、姫路城三の丸広場のゴールへ向かう。制限時間は6時間。

 沿道では19カ所で、市民らが和太鼓、吹奏楽の演奏などを繰り広げてランナーを応援。ボランティア約4600人が給水やコース整理、救護補助を担った。

 また、大手前公園などで前日からグルメやステージが並ぶ「マラソン祭」を開催中。コース周辺の交通規制は最長で午後4時ごろまで続く。

スポーツの最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 13℃
  • 8℃
  • 50%

  • 10℃
  • 5℃
  • 60%

  • 13℃
  • 7℃
  • 90%

  • 12℃
  • 8℃
  • 70%

お知らせ