スポーツ

  • 印刷

 各年代で県の頂点を決める柔道の兵庫グランプリ(神戸新聞社後援)は11日、神戸市須磨区のグリーンアリーナ神戸であり、男子の実力最上位・県選手権は、木下泰成(兵庫県警)が4年ぶり2度目の優勝を果たした。女子の県選手権は吉峰芙母絵(夙川高)が初の栄冠に輝いた。男女の上位8人は全日本選手権の切符を懸け、近畿選手権(3月4日・兵庫県立武道館)に出場する。

 木下は準決勝で元全日本選手権王者の高橋和彦(新日鉄住金)に一本勝ちし、決勝は大橋賢人(筑波大)を大外刈りで下した。吉峰は2連覇中の池本彩花(武庫川女大)を準決勝で破り、決勝は長谷川瑞紀(夙川高)に優勢勝ちした。

 男子の県高校選手権は寺本静矢(神戸国際大付)、県中学選手権は中村乾渡(望海)がそれぞれ初優勝。5人制の団体で争った県少年大会は広畑柔道教室が9年ぶり2度目の頂点に立ち、全国少年大会(5月5日・講道館)の出場権を得た。

スポーツの最新
もっと見る

天気(4月27日)

  • 22℃
  • 15℃
  • 0%

  • 23℃
  • 9℃
  • 0%

  • 22℃
  • 15℃
  • 0%

  • 24℃
  • 13℃
  • 0%

お知らせ