スポーツ

  • 印刷
人材育成や組織のあり方について話し合ったセミナー=ノエビアスタジアム神戸
拡大
人材育成や組織のあり方について話し合ったセミナー=ノエビアスタジアム神戸

 全国大学ラグビー選手権で9連覇を達成した帝京大の岩出雅之監督が25日、神戸市兵庫区のノエビアスタジアム神戸で講演し、常勝軍団を築いた選手育成の秘訣(ひけつ)を語った。

 ラグビー元日本代表監督の故平尾誠二氏が創設したスポーツNPO法人「SCIX(シックス)」が主催し、約100人が聞き入った。

 帝京大では、上級生が率先して雑務をこなすことなどで下級生に余裕を生み、自ら考えて努力しやすい環境をつくっているという。岩出監督は「上下関係の厳しい『体育会系』から脱却することが人間的な成長につながる」と話した。

 続いて関学大アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督らを交え、「リーダーシップの育て方」をテーマに話し合った。岩出監督は「まずは個人を自律させ、クラブ全体が楽しみながら高め合うサイクルをどうつくっていくか。そのためには指導者の経験の自己否定も必要」などと指摘した。(山本哲志)

スポーツの最新
もっと見る

天気(9月21日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ