スポーツ

  • 印刷
地域スポーツの役割を説く兵庫ブルーサンダーズの高下沢球団代表=神戸商工会議所
拡大
地域スポーツの役割を説く兵庫ブルーサンダーズの高下沢球団代表=神戸商工会議所

 スポーツを通じた地域活性化の可能性を探る意見交換会が6日、神戸市中央区の神戸商工会議所であった。野球の独立リーグ・兵庫ブルーサンダーズ(三田市)の高下沢球団代表が講演。スポーツ関連企業などの約30人が議論を深めた。

 神戸市内の産学でつくる「神戸スポーツ産業懇話会」の第4回例会。懇話会は東京五輪などへ向けてスポーツ産業の振興を目指そうと昨年発足し、毎月の会合で知恵を出し合う。

 高下氏は、小中学校での朝のあいさつ運動や大学との教育提携といった取り組みを紹介し「チームの活動を通して地域間交流を活発化させたい」と力を込めた。参加者からは「さらなる認知のため、チームの思いを市民に伝える場が必要」などと意見が挙がった。

 関学大の林直也准教授も登壇し、スポーツが地域に根ざす意義を解説。J1神戸やB1西宮の地域貢献活動を例に「人と人とをつなぐスポーツは地域課題を解決する手段になり、住民の誇りにつながる」と説いた。(長江優咲)

スポーツの最新
もっと見る

天気(9月21日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ