スポーツ

  • 印刷
4回を無失点に抑え、存在をアピールした阪神・才木(撮影・高部洋祐)
拡大
4回を無失点に抑え、存在をアピールした阪神・才木(撮影・高部洋祐)

 プロ野球オープン戦が6日、甲子園球場などで行われ、阪神はDeNAに3-5で敗れた。

 大器がつぼみを膨らませた。阪神の才木がオープン戦初登板で4回を1安打無失点。期待の2年目右腕は「(直球で)どんどん押せた。捉えられている感じがなかった」と自信を深めた。

 先発藤浪に続き、2番手で五回から登板。150キロ近い直球で三者凡退に仕留めてリズムに乗ると、六回は圧巻の3者連続空振り三振。桑原、大和らDeNAの主力打者を力でねじ伏せた。

 須磨翔風高からドラフト3位で阪神入り。189センチの長身を誇り、1年目の昨季はシーズン終盤に1軍デビューを果たした。今季はキャンプインから1軍に帯同し、先発ローテーションを争う存在にまで成長した。

 この日は課題だった変化球でもカウントを稼ぎ、金本監督は「5回、6回のスタミナを見たかったけど(先発枠入りへ)前進でしょうね」。阪神では唯一の兵庫県内の高校出身選手。地元の星が今季初の甲子園で存在を誇示した。(松本大輔)

スポーツの最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ