スポーツ

  • 印刷
竹地志帆
拡大
竹地志帆

 東京五輪代表選考会「グランドチャンピオンシップ(GC)」の17年度最終レースとなる名古屋ウィメンズマラソン(11日・ナゴヤドーム発着)の招待選手が9日、名古屋市内で記者会見した。

 今大会は2時間27分0秒以内で日本勢6位までに入れば、来年9月以降に行われるGCに参加できる。日本勢3位までなら2時間28分0秒以内で出場権を得る。今夏のジャカルタ・アジア大会の代表選考会も兼ねる。

 須磨友が丘高出身の竹地志帆(ヤマダ電機)は4度目の出場。東京五輪代表選考会「グランドチャンピオンシップ(GC)」出場権獲得に向け、「絶対に取る」と力強かった。

 淡路市出身の27歳。仏教大を経てヤマダ電機に入社し、第一線で走り続ける。名古屋ウィメンズは2016年、一般参加ながら自己新記録で走って7位に入ったが、招待選手で出場した前回は9位と伸び悩んだ。

 前々回にマークした2時間25分29秒の自己記録はまだ更新できていない。「自分を超えるためにやるべきことはやってきた。前半は集団の中で体力を温存し、22分台を目指したい」と目標を掲げた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(12月19日)

  • 13℃
  • 6℃
  • 10%

  • 13℃
  • 2℃
  • 20%

  • 13℃
  • 4℃
  • 0%

  • 13℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ