スポーツ

  • 印刷
5位でゴールする野上恵子
拡大
5位でゴールする野上恵子

 2020年東京五輪のマラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(GC)」出場を懸けた名古屋ウィメンズマラソンは11日、ナゴヤドーム発着で行われ、須磨学園高出身の野上恵子(十八銀行)が2時間26分33秒で日本勢3位の5位に入り、GC出場権を得た。

 GC出場権獲得を目指していた32歳の野上は日本人3位の5位に入り、記録もクリアして目標を達成した。10キロ付近で先頭集団に離されてからは「自分のペースで走ることを意識した」と切り替えて走り切った。

 30キロを過ぎて「スピードを上げられるときに上げておこう」とスパートし、35キロ付近で浮上した。1人で走る時間が長いレースだったが、吉井監督は「合宿をずっと1人でこなしてきて、1人でどんな状況でも走れるのが強み」と誇らしげだった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(6月25日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 33℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

  • 35℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ