スポーツ

  • 印刷
岡山シーガルズ-JT 第3セット、ブロックする(右から)JTの橋本と林
岡山シーガルズ-JT 第3セット、ブロックする(右から)JTの橋本と林

 バレーボールの全日本男女選抜大会第5日は4日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で準決勝が行われ、5日の女子決勝は、5大会ぶりの優勝が懸かる久光製薬(練習拠点・神戸市)と、2大会ぶりの優勝に挑むJT(同・西宮市)の顔合わせになった。

 2時間31分に及ぶフルセットを制したJTの勝因は、セッター田中の「諦めなかったから」という言葉に尽きる。2セットを先に失い、一時は6点リードされた第3セットを逆転で奪うと、第4、5セットはラリーが続く我慢比べで粘り勝ち。吉原監督は「長い試合になる覚悟と準備をしてきたので、2セット取られてもここから行くよと声を掛けた。勝ちきってくれたことをたたえたい」と選手をねぎらった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(5月21日)

  • 25℃
  • 16℃
  • 0%

  • 27℃
  • 11℃
  • 0%

  • 26℃
  • 17℃
  • 0%

  • 27℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ