スポーツ

  • 印刷
男子60キロ級決勝 背負い投げを仕掛ける顕徳大晴(右)
男子60キロ級決勝 背負い投げを仕掛ける顕徳大晴(右)

 柔道の全日本ジュニア体重別選手権兵庫県大会は5日、男子の60キロ級で顕徳大晴が2連覇した。

 大けがに、父の死。苦しい一年を乗り越えた男子60キロ級の顕徳が、高校最後の年度を「連覇」でスタートさせ、「思い切りのある試合ができた」と頬を緩めた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(8月20日)

  • 32℃
  • 23℃
  • 20%

  • 34℃
  • 18℃
  • 10%

  • 32℃
  • 23℃
  • 20%

  • 32℃
  • 22℃
  • 20%

お知らせ