スポーツ

  • 印刷
女子58キロ級を制した水野風香
拡大
女子58キロ級を制した水野風香

 今秋の福井国体第1次選考会を兼ねた重量挙げの兵庫県選手権は6日、明石市の明石南高で男女計15階級と中学男女計3階級があり、男子77キロ級は生頼永人(明北OBクラブ)がトータル296キロの大会新で3連覇した。ジャークの168キロも大会新。

 女子75キロ級は藤田あかね(東京国際大)がスナッチ80キロ、ジャーク105キロ、トータル185キロといずれも大会新記録を出して栄冠に輝いた。同58キロ級は水野風香(友が丘OBクラブ)がトータル170キロで優勝した。

■女子・有償の水野「狙い通り」

 女子58キロ級で優勝した水野は、スナッチで75キロを挙げて自己記録を1キロ更新。ジャークも自己ベストと同じ95キロを成功させ、「目指していたトータル170をきっちり出せて、狙い通りに試合を運べた」とうなずいた。

 須磨友が丘高時代は全国大会2位に入った実績を持つ。日体大4年生の今年は主将を務め、「大学では自分で考えて練習できるようになり、繊細な競技のちょっとした調整などが少しずつ分かるようになってきた」との言葉通り、地元で成長した姿を披露した。

 今月は出身高校で教育実習を予定し「兵庫に戻り、教員として重量挙げを教えたい」と希望する。学生最後の1年は記録への挑戦をテーマに掲げ「12月の全日本大学対抗選手権で団体の得点を取り、主将としてかっこいいところを見せたい」と決意した。(金山成美)

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 23℃
  • 17℃
  • 10%

  • 22℃
  • 12℃
  • 60%

  • 24℃
  • 16℃
  • 10%

  • 24℃
  • 15℃
  • 10%

お知らせ