スポーツ

  • 印刷
動画一覧へ
日大選手の反則行為について意見を述べる関学大の鳥内秀晃監督(右)
拡大
日大選手の反則行為について意見を述べる関学大の鳥内秀晃監督(右)

 関学大アメリカンフットボール部は12日、兵庫県西宮市の同大学で記者会見し、6日に東京都内で行われた定期戦での日大選手の悪質な反則に対して、抗議文書を送ったことを明らかにした。

 試合では無防備な状態だった関学大のクオーターバック(QB)に背後から日大の選手が激しくタックルした。その後もラフプレーを続けて資格没収(退場)になり、試合後、関東学生連盟は当該選手を対外試合出場禁止処分とした。

 関学大のQBは全治3週間の診断を受け、脚にしびれが出ているという。日大アメフット部に対し、10日付の文書で選手、保護者への正式な謝罪、反則に対するチームとしての見解などを求めた。誠意ある内容と判断できない場合は今後、定期戦を行わないとし、関学大の鳥内秀晃監督は会見で「スポーツを超えた範ちゅう。あってはならないこと」と厳しい口調だった。(宮崎真彦)

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 20%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ