スポーツ

  • 印刷
関学-星陵 第3クオーター、インターセプトリターンタッチダウンを決める関学のDL吉岡(右から2人目)
拡大
関学-星陵 第3クオーター、インターセプトリターンタッチダウンを決める関学のDL吉岡(右から2人目)

 アメリカンフットボールの兵庫県高校春季大会最終日は12日、西宮市の関西学院第3フィールドで決勝があり、関学が25-7で星陵に快勝して、2年ぶり46度目の頂点に立った。

 関学は第2クオーター(Q)にQB日名とRB三浦のタッチダウン(TD)ランで前半をリードして折り返すと、第3QにDL吉岡のインターセプトリターンTDで加点。第4Qにもキッカー福井のフィールドゴール(FG)で差を拡大した。星陵は第4QのQB北川からWR岡田へのTDパスにとどまった。

 両校は関西高校選手権(26日開幕・王子スタジアムほか)に兵庫代表として出場する。

スポーツの最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 60%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ